先輩紹介インタビュー
個人の力を伸ばし、
チーム力で成長していく会社。
YAMAMOTO KOJI
山本 幸司
大阪支店
2008年入社/営業
中京大学 社会学部

やる時は真剣!
メリハリのある空気感が心地いい。

小学校から大学まで野球を続けてきた私。元気で前向きなのが取り柄で、人と接することが好きなので、営業職が向いているだろうと思って就職活動をしました。製造業に限らず、さまざまな会社を見る中でリンタツに魅力を感じたのは、メリハリのある空気感です。他社と比べると穏やかな雰囲気で面接が進み、気兼ねない社風に好印象を持ちました。ところが役員同席の最終面接では、雑談の中にも仕事への真剣さがビシバシと伝わり、「この会社は明るい雰囲気を大切にしつつもやる時は本気なんだ。こんな会社で成長したい」と思いました。
入社後は本社勤務を経て、長野支店、静岡支店、大阪支店へと移動。支店によって扱う製品やお客様の要望が異なるので、幅広く勉強させてもらっています。

エラーをしても、失点に繋げない。
それがリンタツのチーム力!

仕事ではいつもチームに助けられています。以前、ステンレス加工を行う仕入先から納期に間に合わないと連絡が入り、代わりの仕入先を探すために大慌てしたことがありました。思い当たる仕入先に片っ端から電話しましたが、複雑な加工だったため、なかなか引き受けてもらえません。「話だけでも聞きます」と言ってくれた業者があれば、すぐに新幹線に飛び乗って、直接交渉に行きました。その間、私の社内業務はすべて先輩や同僚が引き受けてくれました。そのおかげで他の業務に支障をきたすことなく、無事に仕入先が見つかり、納期を守ることができました。仕事では思わぬハプニングやミスが起こることもあります。しかし、それをしっかりカバーすることが真のチーム力だと実感。今でも仲間には深く感謝しています。

選ばれる営業マンに大切なのは、
素直さと誠実さ。

ステンレスは特別な素材ではなく、リンタツだけが扱っているものでもありません。どこから買っても同じなら、誰から買うかが重要!だと私は考えています。営業の仕事は、お客様に何かあった時の対応力こそが武器。だからお客様の要望に対し、少し先回りして考えて資料を用意したり、このやり方で進めるとどういう落とし穴があるだろうかと考えたり、常に2手3手、先を読みながら仕事を進めています。
また最近は後輩を教育・指導する立場にもなりました。後輩には、素直さや誠実さを大切にして、選ばれる営業マンになってほしいと願っています。そのため、後輩の仕事ぶりを気にかけながら、時には「相手にはこういう言い方の方が伝わるよ」などと具体的なアドバイスを心がけています。

お客様からの感謝をいただくために、 いろんな経験を。

就職活動中の皆さんには、学生時代にいろんなことを経験しておいて、と伝えたいです。私は営業の仕事を通じて、お客様から「感謝の言葉」をいただくような事をするのが本当の仕事だと思うようになりました。お客様が困っていれば一緒に解決しますし、お客様の知りたいことに関してあらかじめ資料を用意することもあります。相手が何を望んでいるかを知って、それに応えられるように努力することでお客様から「ありがとう」の言葉をいただき、それが仕事の喜びになります。
そのためには日頃からお客様と関係性を築くことが大事。学生時代の経験が会話のきっかけになることもあれば、お客様と共通点になることもある。どんな経験も邪魔になることはありません。自分の引き出しを増やし、人間性を高めるためにもさまざまなことに挑戦し、経験値を高めてください。

SCHEDULE
一日のスケジュール

6:00
起床
7:30
家を出発
8:00
出社 メールチェックや見積、資料作成、手配など事務処理
10:00
外回り
16:00
帰社 見積、資料作成、手配など事務処理
19:00
退社
19:30
帰宅
20:00
夕食 TV、映画鑑賞、読書等
23:00
就寝

FAVORITE
リンタツのお気に入り

以前に社員旅行で行ったハワイでの写真です。
数年に一度全社で旅行に連れて行って頂いています。
日頃の悩みやストレスも一気に発散し、他部署の方ともコミュニケーションを取りつつ毎回楽しんでいます。
当然会社の業績が良くないと旅行には行けない為、この社員旅行がひとつのモチベーションになり日々業務に邁進しています。

ENTRY

リンタツ株式会社では新たな「チーム」のメンバーを
求めています。
新卒採用エントリー
中途採用エントリー
採用に関するお問い合わせ
お問い合わせ