OUR BUSINESS
ステンレス業界とは

ステンレスとは

ステンレス(ステンレス鋼)とは、英語では“stainless steel” 直訳すればステンレス鋼と書き、これが日本での正式名称となります。stainlessとは「さびない」と言う意味です。厳密には「さびにくい」という意味も含まれます。

ステンレスは鉄(Fe)を主成分(50%以上)とし、クロム(Cr)を10.5%以上含むさびにくい合金で、他の鋼材と比較すると使用量が伸びています。ステンレスの使用量の増加はステンレス素材の用途が拡大していることと、製造技術・加工技術の向上によるところが大きいです。

幅広い用途で使えるステンレスはこれからの時代もニーズが高まる素材

ステンレスは錆びにくい金属である上に、鉄よりも強い強度や耐久性があります。その特性から、身近な食卓に始まり輸送機器、産業機器、医療機器、食品機器、住設機器、建築資材に原子力や宇宙開発まで、多くの分野に用いられ、用途は広範囲にわたっています。
そして各用途により、耐食性、耐熱性、強度、成形性など、必要とされる性能は多様であり、それぞれの目的に合致したステンレスが使用されています。

またステンレスは寿命が長く、ほとんどが高品質なまま回収され再利用されているので、地球環境保全に対する企業責任を問われる時代においても非常に有効かつ汎用性の高い素材として注目を高めています。

ステンレス業界の中でのリンタツ

その中でリンタツは、単に素材を提供するだけでなく、社内に加工部門を持ち、全国的な物流ネットワークを構築して臨機応変な対応を可能にしています。お客様のオーダーに応じて切断加工し、自社の流通センターから迅速に納入する体制によって、お客様からも協力会社からも高い評価を得ています。

リンタツはステンレスに特化した専門商社です。国内トップクラスの実績を誇り、自動車部品、住設機器、家庭用品、医療機器、建築など幅広い業界に素材を供給しています。取引先は全国約1300社にも及んでいます。

当社のステンレス販売は大きく分けて2つのスタイルがあり、1つは「求められるステンレス素材を供給すること」、もう1つは「ステンレス製品として開発生産し、供給すること」です。どちらも全国ネットワークを駆使した当社の流通システムをフル活用し、時には協力会社とタイアップして商品開発を行うなどして協業化も推し進めて、ステンレスの可能性を大きく拡げています。

ステンレスを用いた製品開発にも着手
今後は新鋼種の需要開拓にも注力していきます

リンタツでは、ステンレスの特長を活かした製品づくりにも取り組み、集合住宅・マンション向けの郵便ポストを主な製品として開発・販売しています。使い勝手やセキュリティー面を考慮した数多くの製品バリエーションがあり、常に社会のニーズに応えるための情報収集と開発を行なっています。
その他、ステンレスサッシや金物の設計・製作・施工などを行う子会社を有するなど、自社での開発・生産システムを構築してきましたが、今後は協力会社との共同開発・生産にも積極的に取り組み、可能性を広げていきたいと考えています。ステンレス業界に留まらず、地元企業や異業種とも連携を取り、多角的な視点から商品開発に挑んでいます。
その中で、現在注力しているのが新鋼種の需要開拓です。当社にも専門部署を設け、協力会社とタイアップしながら新時代に求められる需要開拓を推し進めています。

ENTRY

リンタツ株式会社では新たな「チーム」のメンバーを
求めています。
新卒採用エントリー
中途採用エントリー
採用に関するお問い合わせ
お問い合わせ